コンテンツ > インプラント(デンタルインプラント)とは?

インプラント(デンタルインプラント)とは?

インプラントの概要

インプラント体を手術により顎骨に埋め込み、インプラント体表面と骨の結合(オッセオインテグレーション)を期待し6週間から6ヶ月間の治癒期間を待ち、その上に人工歯冠・上部構造をスクリュー・セメント、磁石などで装着する一連の治療を、インプラント治療と呼ぶ。

ブリッジや有床義歯と比較して天然歯の状態により近い機能・形態の回復が得られる可能性があり、また周囲の歯を削ったり、それらに負担をかけない特徴がある。

インプラント体の材料は、現在ではチタンが多く使われ、その表面にコーティング(各種が存在する)が施される。

実用に供されている人工臓器の中でも、インプラントは構成物すべてが人工物である(補助手術のような例外を除く)。しかし、外科手術が必要であり、通常の歯磨きなどの必要性や寿命が無いわけでもない。そもそも、手術が不可能な(もしくは、危険が多い)ケースや、手術をしても失敗(ロスト)するケースも相当数あります。

治療前に知っておきたい事

他の治療法とは異なり負荷が顎骨へ直接掛かるため、インプラント治療にはしっかりした顎骨が必要で、歯周病、抜歯、長期間の可撤式義歯(入れ歯)の使用などで歯槽骨を喪失している人は、顎骨のほかの部分や腰などから骨を移植(自家骨移植)または、βTCPや脱灰乾燥した牛骨など(人工骨)を填入して、インプラントを埋め込む(歯科医は、「埋入=まいにゅう」と呼ぶ)土台となる骨を構築する補助手術を必要とする場合があったり、それでも不可能なケースもある。

歯ぎしりの強さや、相対する歯の状態や、どの歯に適応するかによっても大きく状況が異なり、安全マージンを確保しない無理な治療は、顎骨などへ大きなダメージを与える結果ともなり得ることが言われている。

歯医者 全国口コミランキング

クローズアップドクター